私の元夫はアスペルガー症候群

2009年22歳で結婚。2014年に夫(ケイさん)がアスペルガー症候群と診断された妻(みぃさん)のブログ☆2014年次女出産のタイミングで実家に引っ越し、 ケイさんとは別居。 2015年次女1歳の誕生日に自宅に戻り、 ケイさんと家族4人の生活へ。 その後、単身赴任となったのですが2ヶ月で二次障害発症にて休職。元の職場になるも2年以上のW不倫が発覚し2017年9月離婚。 娘2人(3歳6歳)と理解ある両親と、愛情いっぱい幸せに暮らしています。

別居中の夫

今まで、数回、別居を選択してきました。
 
別居中でも、みぃさんは昼間自宅に行き、炊事洗濯掃除の面倒をみてきました。
しかし、次女の出産時の里帰りを機に、全てをケイさんに任せる事にしました!
 
ケイさんの初めての一人暮らしです。
 
一人暮らしをする為のノウハウを数ヶ月かけて、
メモや書類として示しました。
 
家族に会わなくなり、
毎日「仕事」「自分」だけを考えれば済む環境になったケイさんは、
以前より生き生きしておりました。
 
それが、(典型的なアスペルガー症候群の特徴ではあるのですが)
「ケイさんらしい」姿で少し嬉しかったです。
 
今まで、私にガミガミ言われ、フリーズしていましたが、それがない。
とにかく好きなように生きている姿をみると、
やはり、結婚してからケイさんは苦しかったのでしょうか?
 
自己中心的な言動が目立ち、連絡してきては自分の話ばかりで、
家族を気にする様子も一切ありません。
連絡がきても、「こんなに頑張った!どう?褒めて!」と自分を認めて欲しい内容ばかり。
 
別居を選択した期間、
「これも一つの家族のあり方だな」
と思いました。
 
 
ケイさんがケイさんらしく、二次障害を起こさずに毎日を過ごせ、
出来た余裕から趣味をみつけたり工夫をしたりして生活をする。
ケイさんにとって一番良い環境なのだと思います。