私の元夫はアスペルガー症候群

2009年22歳で結婚。2014年に夫(ケイさん)がアスペルガー症候群と診断された妻(みぃさん)のブログ☆2014年次女出産のタイミングで実家に引っ越し、 ケイさんとは別居。 2015年次女1歳の誕生日に自宅に戻り、 ケイさんと家族4人の生活へ。 その後、単身赴任となったのですが2ヶ月で二次障害発症にて休職。元の職場になるも2年以上のW不倫が発覚し2017年9月離婚。 娘2人(3歳6歳)と理解ある両親と、愛情いっぱい幸せに暮らしています。

アスペルガー夫のW不倫3—GPS—

私が購入したGPSは、追跡が出来ないタイプのものです。

一番の理由は価格でした。

追跡出来るものだと高価ですし、こども携帯は契約や解約が手間。

追跡は出来ないけれど、行動パターンを見るために約1万円のGPSに決めました。

 

設置は、ケイさんが会社に行っている時間に駅の駐車場に行ってしていました。

そして、

最初の一週間ですぐに動きがありました。

 

ある一日は、

いつもより2時間早く家を出発し会社へ。

仕事を半休取り、昼に駅へ戻る。

牛丼屋で昼食を済ませたら不倫相手の女性を迎えに行っていました。

その後、隣の市の運動公園の駐車場へ行き、

更に隣の市へドライブ、

他県で夜のイベントを楽しみ、

夜中の1時頃帰宅。

 

 

ある土曜日は、

休日なのに朝出掛け、車で30分くらいのショッピングモールの駐車場へ。

一時間くらいそこで過ごし、帰宅していました。

 

毎週土曜日は、同じ時間に同じ場所へ行っている事が発覚しました。

 

実際に使ってみると、追跡機能が付いている方が断然便利です。

「今何しているのだろう?」とモヤモヤする時間があったら、追跡機能を使って追跡した方が楽です。

でも、私は、2児の母。

そんなに常にネットと向き合う訳にはいきません。

追跡を見た所で行動はとれません。

その場に行きたくなる気持ちもストレスです。

専業主婦で2児の母である私は、

この「約1万円のGPSで良かった」と納得しています。

 

*注意して欲しいのは、GPSの記録だけでは、不倫の証拠にならないということです。あくまでも、自分で行動パターンが知りたい時に役立つ!という事です。

*不倫が◯ブホテルを頻繁に使用している様でしたら、追跡機能のある機種を使い、その場に行き、ホテルの出入りや滞在時間を証拠として抑える方がいいと思います。

  

 

 私は↑この機種に強力磁石がついて、11500円の物を購入しました