私の元夫はアスペルガー症候群

2009年22歳で結婚。2014年に夫(ケイさん)がアスペルガー症候群と診断された妻(みぃさん)のブログ☆2014年次女出産のタイミングで実家に引っ越し、 ケイさんとは別居。 2015年次女1歳の誕生日に自宅に戻り、 ケイさんと家族4人の生活へ。 その後、単身赴任となったのですが2ヶ月で二次障害発症にて休職。元の職場になるも2年以上のW不倫が発覚し2017年9月離婚。 娘2人(4歳7歳)と理解ある両親と、愛情いっぱい幸せに暮らしています。

アスペルガー症候群は遺伝するのか?

発達障害は遺伝するものなのか?

私にとっては、とっても気がかりな事です。

 

アスペルガーの親が育てるから、子もアスペルガーっぽく育ってしまう?

それとも遺伝があり、どうにもできないの?

 

そんな疑問を常に抱きながら長女の子育てをしてきました。

なぜ長女かって?

まぁ大変だった。子育てが本当に大変な子だった。

絶対に普通ではなかった。

それが長女です。。。。

 

●年長まで悩んだ、排便。ずっとオムツだった。

●年長まで登園渋りがあった。

●年長まで字が書けなかった。

●5歳頃まで、取り憑かれたような癇癪が頻回だった。

●トイレの手を乾かす機械が苦手だった。ボーッ。

 

どれもこれも周囲とは違いました。

作業療法士・心理士・保健師・保育士・小児科・発達障害センター

色々な所に相談したけれど、

言葉も早く、成長も早く、手先も器用で、「何も問題ない」で過ぎてきました。

 

そして

 

●気がつけば…トイレで排便出来るようになっていました。

●気がつけば…元気に小学校へ登校しています。

●気がつけば…50音に興味を持ったら3日で覚え、小学校では計算コンテストも漢字コンテストも100点を取得。

●気がつけば…日常生活では癇癪はなくなった(実は特定の場所では起こる)

●気がついても…トイレのボーッは苦手。

 

そんな風に成長してくれています。

ON-OFFのはっきりした姿。

疲れた時の目の力のなくなり方。

視野の狭さ。

 

まだまだ心配になる所は多いですが、

アスペルガーかもしれない。アスペルガーではない。」と

私の感情も行ったり来たりしています。

診断が大切なのではなく、

長女が困った時にすぐ対応できる準備が安心材料なんだ!と思いながら

生活をしています。