私の元夫はアスペルガー症候群

2009年22歳で結婚。2014年に夫(ケイさん)がアスペルガー症候群と診断された妻(みぃさん)のブログ☆2014年次女出産のタイミングで実家に引っ越し、 ケイさんとは別居。 2015年次女1歳の誕生日に自宅に戻り、 ケイさんと家族4人の生活へ。 その後、単身赴任となったのですが2ヶ月で二次障害発症にて休職。元の職場になるも2年以上のW不倫が発覚し2017年9月離婚。 娘2人(3歳6歳)と理解ある両親と、愛情いっぱい幸せに暮らしています。

父性本能がない夫

私は子どもが大好きで、
 
いい奥さん、いい嫁、いいお母さんになるのが夢でした。
 
病気かな?と感じてしまうほど、
 
懐が広くて、怒らなくて、優しいケイさん(当時はそう思っていた)と結婚し、
 
入籍から2年後に娘を出産しました。
 
 
ケイさんは優しい人ですが、「お父さん」という感じではありません。
 
“可愛くてついつい子どもを抱き上げちゃうこと”もしません。
 
“名前を呼んで話かけること”もしません。
 
“「娘はどうしてる?」と気にかける連絡”もありません。
 
おむつ替えも、お風呂も…育児は何もしません。
 
ただ、怒ることも苛々することも一切ありません。
 
「子どもが可愛い?」と聞けば、決まって「可愛い」と答えます。
 
 
ASを疑う事はしていない時期ですが、両親も私も「何となく任せられない」気持ちがあったので、
 
生後3ヶ月くらいまで里帰りをしていました。
 
 
そのうち、
 
近所のある人から「みぃちゃんは、親に甘えすぎよ。いつまで実家にいるのかしら」と言われるようになり、
 
元々は“自分の家庭をもち、いい妻・嫁・母”になりたかった私は悔しくて自宅に戻りました。
 
(私は負けず嫌いだったり、周囲を気にし過ぎてしまったり、厄介な性格なのです)
 
 
基本的に育児や家事は全て私の役目ですが、
 
夕食の片付けとゴミ出しはケイさんも手伝ってくれました。
 
 
 
ある日の夕方…
 
娘をお風呂に入れ、娘を先にケイさんに受け取ってもらった日の出来事…
 
 
みぃ「私も洗っちゃうから、先に着替えさせちゃって」と伝え、バスタオルでくるんで、ケイさんに渡す。
 
すると、
 
(ギャーギャー響き渡る泣き声…)
 
 
状況が読めない!とにかく早く出なきゃ!
 
頭を洗いながら体を洗って、流しながら顔を洗って、
 
5分経たないかくらいでお風呂から出ると…
 
目の前にいたのは、裸のまま敷物もなく、ジョイントマットに置かれた娘。
 
唇が紫色になり、泣いている。(11月)
 
ケイさんは横で娘を眺めている。。。
 
 
みぃ「ちょっと何で抱っこしないの?何で拭かないの?」
 
ケイ「ん?何をすればいいか分からないし」
 
(言い合う最中も、ひたすら手を動かして、娘の世話をするみぃ…)
 
みぃ「何で聞かないの?」
 
ケイ「みぃお風呂だし」
 
みぃ「お風呂まで聞きにくればいいでしょ!抱っこしながらでも、くるんだままでも来れるでしょ!」
 
イライラ…イライラ…イライラ…イライラ…
 
ケイ「ねぇ、みぃ体が濡れたままだよ?」
 
みぃ「はい?急いで出てきたんでしょ?泣いてるし、事実この有り様だから!」
 
イライラ…イライラ…イライラ…イライラ…
 
ケイ「俺、風呂入ってくるね」
 
みぃ「・・・・・」
 
イライラ…イライラ…イライラ…イライラ…
 
 
通じない!何を言っても会話が成り立たない!ケイさんに悪気はない!でも何か変だ!
 
 
だんだん泣きたくなってきて、娘に授乳しながら母に電話をしました。
 
私は弱くて甘えん坊で情けない人です。自分の家庭を作る!頑張る!と決めても、両親を求めてしまう。
 
すると決まって両親は「帰っておいで」と言ってくれるのです。そして実家にいってしまう。
 
そしてまた
「みぃちゃん甘え過ぎよ」の近所の声に反省する日々を繰り返す…
 
 
_いま思うと_
 
定型人が当たり前に感じている「常識」と呼ばれるものが分からないので、
 
子どもを「みる」に含まれる具体的な行動が分からなかったのだと思います。
 
みる=環境に注意する。オムツを変える。泣いたら抱っこする。服を着せる。
 
が、分からないのです。
 
また、何が悪いか分からないので、謝罪の言葉もないのです。
 
子どもが産まれて3年以上が経ち、ASの診断を受けて、
 
ようやく…やっと…分かったことは…
 
「父性本能が全くない」という事実でした。
 
 
(注:ASの人がという意味ではなく、ケイさんの場合です。)