私の元夫はアスペルガー症候群

2009年22歳で結婚。2014年に夫(ケイさん)がアスペルガー症候群と診断された妻(みぃさん)のブログ☆2014年次女出産のタイミングで実家に引っ越し、 ケイさんとは別居。 2015年次女1歳の誕生日に自宅に戻り、 ケイさんと家族4人の生活へ。 その後、単身赴任となったのですが2ヶ月で二次障害発症にて休職。元の職場になるも2年以上のW不倫が発覚し2017年9月離婚。 娘2人(3歳6歳)と理解ある両親と、愛情いっぱい幸せに暮らしています。

アスペルガー夫のW不倫—離婚協議—6

1〜2ヶ月、ケイさんの不貞証拠を集めてきましたが、

その証拠が確実に裁判で勝てるほどの強い証拠ではない。

一方で私は2児の母。子育て真っ只中!

不倫夫の妻もやらなくてはいけない。

そして、調査がバレてはいけない。

という事がとても苦痛でした。

 

そこで、ある週の密会現場の証拠を収めたあと、自宅でケイさんを待ちました。

元々、妻の前と義両親の前では態度が違う人だし、アスペルガーということもあり、

態度が豹変すると嫌なので、父も同席してもらうことになりました。

 

ケイさんが帰宅すると、キョトンとした顔で、明るく「ただいまぁ」と。

私は自分の精神を保つため、強気に「ちょっと座って、話しがある。不倫してるでしょ?認める?認めない?」と責め立てるように話しを進めてしまいました。

その様子も、固定カメラで一応撮影しました。

 

受け身アスペルガーのケイさんは、こうゆうとき、常に沈黙です。

今回も沈黙。

こちらが疑問で投げかけるので、一言二言答えますが、反抗的でした。

「プライバシーだから言えない」

「そんなの言う必要ない」

こちらを睨みつける態度でした。

 

 

最終的に、離婚することは納得していましたが、

「不倫?してるよ!だから?離婚すればいいんでしょ。相手の女性は俺が守る。何でもするから、相手女性には何もするなよ。」

というニュアンスの態度と返答でした。

 

無知で軽い所があるので、こうなったら、いかに女を守るかだけです。

自分より相手女性!妻は敵!

何の疑問もなく、離婚届にサインをし、事前に準備した離婚協議書も疑問も持たずにサイン。そして公正証書にすることに同意しました。

単純です。

 

 

こうして、ケイさんは慰謝料と養育費を支払うことになりました。

 

彼が絶対に見せてくれない携帯電話。

私の父にだけは、心を許し、見せていました。

そして、父はそれを動画で撮影してくれました。