私の元夫はアスペルガー症候群

2009年22歳で結婚。2014年に夫(ケイさん)がアスペルガー症候群と診断された妻(みぃさん)のブログ☆2014年次女出産のタイミングで実家に引っ越し、 ケイさんとは別居。 2015年次女1歳の誕生日に自宅に戻り、 ケイさんと家族4人の生活へ。 その後、単身赴任となったのですが2ヶ月で二次障害発症にて休職。元の職場になるも2年以上のW不倫が発覚し2017年9月離婚。 娘2人(3歳6歳)と理解ある両親と、愛情いっぱい幸せに暮らしています。

アスペルガー夫のW不倫—相手女性—7

相手女性について、自宅や母親との同居が分かりました。

立派なお宅で、高価な車、大層なガレージが車と自転車用。

お金には困っていない印象でした。

それもそのはず、女とケイさんは社内W不倫。女夫も同じ社員。

3人子供がいて、職場で不倫し、休日に車内不貞。

不貞の後に、子供の手を握り帰る。

呆れました。

 

ケイさんとの協議は話し合いで済みました。

が、相手女性とは弁護士依頼を決めました。

私は、法律事務所を利用しての離婚経験がある方に紹介して貰いました。

相談費用は一時間1万円。

「夫婦間の相談は無料。相手女性についての相談は有料」と言われ、

5千円を払いました。とても良心的な事務所でした。

 

この先の費用としては、

相手女性に示談書を作成し内容証明郵便でやりとりをする場合約10万。

裁判になる場合、裁判をする時に約20万。

解決した時に勝てば成功報酬として…私の場合は約40万。

という話でした。

 

相手女性と揉めても気分が悪いので、

「相手に“法律事務所からの郵便だ”と、表向きバレない形で郵送できますか?」

と聞いた所、

「記録として残す必要があるのでそれはできない」

と言われました。

「もし、その点を譲歩するのであれば、夫を通して女性と取り決めをして、示談書を交わす方がいい」と勧められました。

 

先に申しておきますが、本当に最悪な相手でした。

相手に譲歩する必要などありません。

絶対に最初から法律事務所に全てお任せするべきです。

私は女に譲歩して失敗しました。

 

 

みぃ「弁護士に依頼しないなら慰謝料下げるので◯◯万一括」

女「金額はいい。分割でお願い。」

みぃ「分割なら法的効力をもたせる為に弁護士か公正証書作成。費用あなた持ち。」

女「そもそも法的にも一括が原則なの?二ヶ月後にして。」

みぃ「二ヶ月後は分割と同じ。当事者間解決は不可能と判断。弁護士依頼する」

女「やめて。分かった。来週までに用意する。」

 

みぃ「示談書は自著押印を確認したい。会って書くか、書いてる所の動画をください。」

女「動画がいい」

 

 

 

で、書いている動画が来ましたが、カメラマンのケイさん、アスペルガーです。

視野が狭いです。一部しか撮影できません。動きません。

書いてる人が誰か、書いている紙がなにか、全く判断できず無効。

再度書類を作り直して、改めて同じこと。。。(勘弁してくれ)

 

 

女「示談書に“こっちになにもしない”と付け加えて」

みぃ「こちらは弁護士にお金を払い作成してもらっている。簡単に変えない」

みぃ「自分で調べて自分で作成して」

女「作ります」

 

で、女から合意書がきましたが、

大半は、私からの示談書のコピペ。

あとは、ネットからのコピペですが、爪が甘いので内容が薄い。

たとえ、私が記載事項に違反しても、弁護士通して戦えば、私が勝ってしまうような大まかな事項でした。

ケイさんも女も、自分で調べることが出来ないタイプでした。

専門機関を利用する知恵もなく、人任せタイプでした。